うどんは別腹(旧ブログ)

こちらは使われておりません

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吾里丸(新型)  醤油(大)

久しぶりの吾里丸。
タイトルに(新型)と書いた理由はコレです。
もう充分安定しているはず。

頼んだのは醤油(大)

P506icII 003

カウンターの甘口だし醤油をたっぷりかけていただきます。

む...........こ、これは..................




麺の肌がつるつるで舌触りがよいところに、甘い醤油のコンビネーションで
和スイーツのごときうどんです!

これはこの方向で突き詰めるとまた面白いものが出てきそうな予感がします。


壁にはってありました。
P506icII 002

なんと学生に優しい店。
それにしても、こんなに安くてうまくて学校から近いうどんに慣れちゃったら、やたらとうどんに厳しい若者が続出するだろうなあと。

*Comment

NoTitle 

蒸気釜でうどんがここまで変わるとは予想だにしない
展開です。 2本づつ麺をすする女性にはとくに喜ば
れると思います。

つるつるなのに出汁が乗るのが面白い。 醤油も
絡みましたか?
  • posted by {^L^} 
  • URL 
  • 2009.09/17 10:16分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

醤油も普通にからんでたように思います。

舌触りというか、口の中での感触が非常にソフトなのでほんとスィーツの一種のような錯覚を覚えました。

讃岐うどんの麺は「コシ」というのが基本になってると思うんですが、そのコシで何を表現するかがその店の個性だと思います。
これくらいの面白い個性のある麺はいまのところ自分は他には名もないうどん屋くらいしか知りません。
  • posted by ご隠居 
  • URL 
  • 2009.09/17 13:40分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://odatebuta.blog62.fc2.com/tb.php/2041-8c95ccbe

Menu

このブログを書いてる人

別腹

Author:別腹
鬼無店は閉店しましたが、同人誌コーナーが独立して田町店になりました。

ギルド田町店
高松市亀井町11-3
10-20
火休
http://usuihon.jp

右サイドメニュー

ランダム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。